Home > Archives > 2007-02

2007-02

links for 2007-02-27

links for 2007-02-26

2007/01/07 DDR大会レビュー。

  • 2007-02-24 (Sat)
  • DDR

基本姿勢は以下のとおり。

・プロじゃないんやから 好きでやってることなんやから好きにやればいいじゃない
・自分内点数とか順位はあとでまとめます
・なにか表現したいことがあって出たんだったら、そのしたいことだけでもやって帰ればいいじゃない
 表現したいことがなくて失敗はしたくないってんだったら家で寝てろ。
・義理と人情とにぎやかしで出場した方はありがとうございます
 特に評価は気にしてないやろしこちらも適当にかきます

——————————————————–
1.ナカジ
JetWorld

ロッキング。
長男さんの型番違いみたいなかんじ。
とにかく、技術どうこう以前に
今回やってることが自分は面白いと思うのであれば
その部分をもっと強調したらいいなと思いました。

例えばトゥエル→ロック の繰り返しが多かったので
それを押すんであれば ロック20連発! みたいな
いろんなしがらみがあってなんでも自由にできるわけではないプロより
アマチュアが不自由ではいかんとおもう

↑このことは以下全員に言えます。

——————————————————–

2.タカピー
HappyAngel

今回の大会の中では相対評価では高得点になってしまう。
特に何があるわけではないんですが
基本的に4分リズムでぴょんぴょんしながら
踏んだり手を振ったりの範囲内。

この曲はサビが多いのでそこをきっちり作りこんで
それだけで押してもよかったかなと
いわゆるAサビBサビA’サビB’サビ みたいな感じで
ちょっとバリエーションを変えた同じ振り付け とかとか

——————————————————–
3.ダイナマイトゥ・チャヤマティ
Be in my Paradise

恐らく義理と人情枠参加者その1。
ちゃんと作ったらおもろいんやろうなぁという
期待感よ永遠に。

——————————————————–
04.SETI
Silent Hill

テーマ性はよいのですが
そういう路線でいくなら
おもいっきり膝上げて↓をげしげし踏むとかは
やめといたほうがいいとおもう

冬・雪 を表現するのに使えるパーツはもっとあるので
シナリオを書いてからあれこれ試されるとよいとおもいます

——————————————————–
05.USK:Nダメ人間さん
華爛漫

衣装出オチ。
特にこの曲のこの部分をこうしたいとか
この譜面のこの部分をこうしたいとか
この曲とこの服とこの譜面とを関連付けてとか
そういうのはない様子。

なにかしてもらわんとこっちも評価のしようがないのです。

——————————————————–
06.恵理ちゃんと色
PEACE

色さんの一人ネタよりずっとよい
背景で流れてるムービーの再現度が高かったので
それだけでテーマ・曲・振り付け・譜面の関連とも○。

最後の小芝居がいるかどうかというところが
評価の分かれるところかなあ
なかったらないで映像のモノマネだけになってしまうし

——————————————————–
07.雪兎
YourRain

今回の優勝(自分基準)。
・練習量
・音取り
・ダンス
・見ていて自然

音取りとダンススキルは技術点、
練習量と見ていて自然な動き、っていうのは業界に対する配慮点です。

もちろんダンスがうまいにこしたことはないし
それ自体はかっこいいぜー と思うけど
DDRの練習してなかったり
見てて痛々しかったり という人が優勝すると
このゲームってそういうのが評価されるんだ ってなっちゃうでしょ

もちろんいくら練習しててもおもしろなかったらあかんけど

——————————————————–
08.コードギアス 反逆のアキ
この子の七つのお祝いに

大暴れ。
最初はうわぁ とおもったけども
こういうの キライじゃないよ

背面で覚えてるけどなにもしない とかいうのよりずっとよい
昔はこういうワンスポット突撃みたいなネタやるひとたくさんいて
おもしろかったんやけどなぁ

——————————————————–
09.lisky
Loves at Firstsight

ずっと手拍子してたような印象。

実際はそうでもなくて
ちゃんと3連続同じ構成のところで3WAY指差しみたいなんしてたけど
そこのインパクトを上回って手拍子が。

この手の曲調で手拍子があったら
ぴょんぴょんしてても自然に見えるという好例 かなぁ

まぁ結局この曲のこんなとこでこんなことやったらおもろいでしょ、
という意思が見えてこない

——————————————————–
10.龍chan
ON THE JAZZ

やまとモノマネ。
なんだその茶色の上着は
リスペクトやな

いつも出てくれてありがとう

——————————————————–
11.PDPN
夢幻の光

だれかとおもったら
表台によくいるいつもの方でした。

だって動きが同じだもん
緩急のバランスが1:9くらい

ターンのキレとかはよいので
動きのパターンを増やして
見てる人の飽きがこないように配置していけば
よいかなぁと思います

——————————————————–
12.リサ
HONEY PUNCH

PUNCH! でパンチしたことだけは理解

基本的にとくに何もないんですが
ただ
・PUNCH! でパンチしたい
・フィニッシュでなんか決めたい
という意思は伝わった

技術点は現時点では低くても
こういうプレイヤーは業界で大事にしないかん
という配慮点をつけて伸ばしていくべきキャラ
がんばってください

——————————————————–
13.ZETA
iFUTUREST

あー

惜しい
やきもきする

たぶんこう
ターミネーター的なイメージなんじゃなかろかと
思うんですが
もっと演技してー!

映画かボディービルダーの動きを研究したほうがよいのでは

基本的に背面で歩いて たまに腕を曲げるという感じ
技術点的にはパッとしませんが
やりたいことだけ伝わるだけに邪険に扱いたくない感じ

——————————————————–
14.花岡長太郎
freedom

普通に難しい譜面を踏んでいるだけ

と思いきや突然のターン&えびぞり!
これが今大会最強の音取り!

いままでやられっぱなしの主人公が
この一撃に俺のすべてをかける
ペガサス彗星拳!

的な小宇宙(コスモ)を感じたぜ

実はこのDVDで一番繰り返し見ているのは花岡さんと
井川さんです

いぶし銀やな

このね、
「自分はこの曲のこの譜面と音でこういうことがやりたい!」っていう
エネルギーをなによりもっとみんなにも大事にしてほしい
じゃないとなにも残らないじゃない

お手本のあることをそのとおりにやって小さくまとめて
上手だったね ってほめられるのは小学校の音楽の時間までですよ

総合力では他の参加者から比べて全然アレかもしれんけど、
その力を結集してあの一瞬に叩き込んだインパクト!

自分内ランキング インパクト部門 トップです。

——————————————————–
15.火雪
fly away

汚君のカーボンコピーにみえた

結局

人が人に意思を伝えるときって
言葉で伝えるのが一般的なんですが
それだけでは結局伝わらないことが多くて
最終的には「行動」で伝える

DDRのネタの向こうに
「DDRが好きか?」
「この曲が好きか?」
「どんな面白いことを考えているやつなのか?」
というのが見えるネタこそが
どんなことばよりもその人の意思を強く伝えるのであって

その前では 自分の理論とか こうあるべきとかいうのとかは
自分の都合でしかなくて
見てるひとがたのしいかどうか
人が楽しいものをやることが大好きかどうか
そういうのは自分の都合とは一番遠いところにあるのです

「人を楽しませる」っていうのも自分の都合
「こういうのって楽しくない?」でいいんじゃないかなあ

そういう観点から言うと
与えられた譜面をこなすのは大変そうだなぁという印象があって
曲と譜面とそのハーモニーに対する自分なりの解釈が光る表現
そういうものがもうちょいあってもいいかなぁと思いました
上を目指すのであれば
譜面は足枷じゃないよ

あとそろそろそのダブルでくねくねしながら歩くスタイルにしろ
前のラテン系のでやってたああいう感じのスタイルにしろ
肩が上がってなくて肘から先だけ回す動きの癖(?)にしろ
腰を手のひらのスナップでぺんぺんと叩く汚君的なアレにしろ
見飽きた

汚君っぽいのが悪いわけではないけども
同系統は中野さんの衝撃があって
その後中興の祖的に汚君のを見てきて
汚君本人の同じパターンのものすらそろそろ見飽きたなぁという感じがあるのに
他の人が同じようなことしてたら さすがに飽きる

見ている人に飽きられているものをやるのが
本当にやりたいことなのかと
結局はそこに尽きます

同じことを何回やっても 相変わらず上手いっすねってほめてくれる
そんなヌルい人々を相手にし続けていくのであれば

問題なし!

関東と関西の 受け入れられやすいネタの違いってあるやろけどね
関西では身内からの叩きが一番きっつくて
平気で お前前のと同じやろ手ぇ抜くなや とかいわれます

まぁあと終わった後にスコアがどうとか言うてましたが
たとえAAA出そうが ネタが面白なかったら何の意味もない
Eだったら減点しますが それくらいやとおもう
譜面を踏む意思を捨ててなければいい

全国大会当時 If you were here[Another] で S 出してた人間からのアドバイスです

——————————————————–
16.井川
Under the Sky

丁寧・多彩・努力。
多分現役最高齢パフォーマーではないか
(静岡のチャラン&ポラン老夫婦元気でしょうか)

いつも思うけどちゃんとネタできてるし
毎回いい譜面の解釈見せてくれるし
音取りどころか歌詞取りまでやってるのに
決定的に何かが足りないのよなぁ
惜しい 惜しい

多分自分で作ったキャラを演じきることができれば
そこからオーラが出始めるんやろけども

ブレイキンの入りっぽい
立ちからのしゃがみ膝ターンとか秀逸ですよ
基本譜面捨ては御法度やけども
捨てただけのことはあるフィニッシュ前のサプライズ
2減点 3加点 くらいの収支計算

純粋にDDRが好きなんやろうなぁと思う
世界観がある

見習わなければ

——————————————————–
17.DAI
Bradilian Anthem

エキシビジョンその3。

DDR大会とかめんどいかもしれんけど出てくれてうれしい
ありがとさん。
盛り上がります。

——————————————————–
18.次男
Make a diffrence

茶屋町の顔だぜ
茶屋町で関東形式の大会するなら
基準はこの人しかない

こう、俺が俺がじゃないのよね
そういう人柄がネタから染み出すパフォ

技術点はまぁふつうぐらい、
でもDDRと茶屋町の今後のことを思うと優勝ほどじゃない上位に
常にいてほしい人点をちょと上乗せ

そんなかんじ

——————————————————–
19.あやの
AFTER THE GAME OF LOVE

特にコメントはありません。

——————————————————–
20.長男
Saturday Night Love

茶屋町の顔2。

<長男>=Chou-Nhaaaaan=
ゴング : 弱P(敵遠い時)
クロス : 弱P(敵近い時)
トゥエル: 中P
ロック : 強P

必殺技:
なし

超必殺技:
なし

チェーンコンボ:
弱P→中P→強Pが安定で繋がるぞ!
中P→強Pも有効だ!

——————————————————–
21.BI砲
Gamelan de Couple

関東の人かな
なんか最近の関東のユニットネタって
こういうパターンばっかりやね。

群馬ァマァとか幼女バンダナとか
喧嘩とかの小芝居が入りつつ
なんか万歳したり わー わー みたいな振り付けしたり

まいかるさてぃーず以来の伝統なんかなぁ
ただまいかるを真似るのであれば
あれはベースにちゃんと体のコントロールができてて
なによりパイオニアである ってことが評価されたと思うので
真似るなら「パイオニア精神」の方を真似ていけばいいのになぁとおもう

右のひと カラテカの矢部ちゃんみたいな感じのひとの方がうまいね
全盛期の中野さんを彷彿とさせる楽しそうなオーラ
左の人で おっ と思ったのは 服を脱ぐとこが音と完全にマッチしてた
それくらい

あと、観客側に顔を向けて ハイッ ってとこは
もう1拍くらい止まったままでいてほしいなぁ
もしくは1拍早く素の顔で観客側を向いてから
ハイッ で あっ って表情をするとか
ちょっと短すぎて笑うタイミングを逃しがち

じっくり見ると
右の人中心で見てるとすごいいいネタに見える
二人ともこのクオリティだったら優勝あったかも
とおもいます

——————————————————–
22.かわにん 他
JetWorld

これこそまさに

「それもう飽きた」

というのです

ガハハ 一人うけ。

——————————————————–
23.カムイ
LOVE SHINE

かねてより予告のあった女装パフォ。

まぁ正直
そこまで衣装セットしたら
もっとネタとの連動できたやろ といいたい
もったいなーい もったいない

僕が女装してええんやったら絶対
華爛漫で浴衣に番傘やな

——————————————————–
24.おはねこ
TSUGARU

おは君とToroneko氏の分かりやすいスキル差を
逆手に取った師弟ネタ。
誰が見てもおは君が師匠、Toroneko氏が弟子、
という関係に納得いくところを理解の基点としたネタ。

だからこそ終盤おは君がぺこぺこ謝ってるのが
ちょっと納得いかない。
何えらそうにしてやがんだ! と思ってしまうところ。

ネタとしては
最初の一礼の音取り、
客席へ手を振っての裏拳のところの音取り、
最後二人であわせるところのおは君の動きの一つ一つの
音に合って綺麗なこと。

しかしまぁ、ここまでは弟子だから下手でよかったんだけど
最後のToroneko氏の動きの決まらなさが
あわせるところに全然合ってないってのはやっぱりまずい。
やっぱここはToroneko氏に急に上手くなれってのは難しいので
現実的なラインで妥協して、おは君がレベルを下げて
合わせやすい動きにした方が完成度としては上だったかもなぁ、
ということも思います。

あとToroneko氏はブログで大きなことを書く前に
シングルで成果を残さないと まずいよ。
まぁ大きなことを言って自分を追い詰めておいて
次の大会で言うだけのことはできるって証明してやらぁ!
っていうことであれば非常に楽しみです。

昔はみんなそうやって成長してきた

——————————————————–
25.色
HONEY PUNCH

もう飽きた その2。

テーマが見えないどころか

旧ネタのパッチワークや~~

仮にもトップなんだから
ちょっと自分のDDR業界への影響とか
考えて動いたりしたほうがたのしいですよ

いくらインパクトがあっても
毎回これでは薄まって当然。

——————————————————–

<まさ順位>10点評価
(※6点以上のみ)
○総合
雪兎 9
おはねこ 8
恵理ちゃんと色 6
火雪 6
井川 6
Bi砲 6

○技術点(skill)
雪兎 9
おは 8
Bi砲(2P側) 8
火雪 6

○構成点(entertainment)
おはねこ 8
井川 8
雪兎 6
火雪 6

○インパクト(aura)
花岡長太郎 9
井川 8
色 6

○この人上位に評価された方が業界的にいいよ補正点
雪兎 9
井川 8
りさ 7
花岡長太郎 6
次男 6

Popularity: 15% [?]

links for 2007-02-23

Popularity: 6% [?]

links for 2007-02-20

Home > Archives > 2007-02

Search
Feeds
Meta

Pages (999999): [1] 2 3 4 » ... Last »

Page Top